おおきく振りかぶって通販は転移しました。 お手数ですが、転移先へは下記のリンクから進んでくださいますよう、よろしくお願いいたします。
転移しましたおおきく振りかぶって通販はこちら

おおきく振りかぶって 9巻

おおきく振りかぶって 9巻
ひぐち アサ
価格:¥ 540 (Book)
(参考価格:¥ 540)
発売日:2007-12-21
おすすめ度 ★★★★★
売り上げランキング:


↓おおきく振りかぶって 9巻の詳細、購入はこちら
おおきく振りかぶって 9巻
★★★★★ 2008-01-03 試合と試合のあいだの時間〜〜〜
長い試合が終ったので、西浦メンバーの普段の生活が戻ってきて、楽に読めます!!主人公がピッチャーなので、試合中は力が入り過ぎて疲れちゃうのが野球マンガというやつなので、こういう、エピソードの積み重ねの日常の物語は力を抜いて読めますね〜〜〜

浜田、花井、モモカン、篠岡(マネージャー)などの試合中はあまり活躍しない(失礼な!!)人たちの、個人的な話がおもしろいです。逆に出ずっぱりだった、三橋、阿部、田島の3人はちょっと少ないんじゃないの?と言う感じで、脇役に徹しています。高校球児の日常はいそがしいんですね・・・。三橋はピッチャーなので、練習が他の人よりぬるいので、終った後元気のあまってる田島とどこかに消える・・・・というのが、リアリティあって笑えました。

★★★★★ 2008-01-02 既刊本を一気に読んでしまった・・・。
野球好きの友人から紹介された漫画、僕は本気ではまった。小さいころからバッターとピッチャーの勝負を詰め将棋と同じように考え、ピッチャーの持ち球、バッターの好きなコースを意識しながら野球中継を見ていた。ピッチャーとバッターの心理戦に痺れながら野球中継を見ていた。

この漫画は、主人公がコントロール完璧という設定で、野球の試合も心理戦が中心にきてる。僕が想像していた野球の試合が、漫画で描かれていてた。野球の試合をベンチや選手、バッテリーにバッターの心理戦を想像しながら見ていた人間にとってはど真ん中の野球漫画です。

特に、この巻に描かれている負けた側の心理風景画は腹に響いた。
力を出し切れずに負けた人間が、何年もスポーツニュースを見れないという表現。結構真面目に部活に打ち込んだ経験がある人間には共通する心理ではないだろうか。このような細かい心理描写が最高。

中学、高校に野球部がなかったため甲子園を目指した経験はありませんが小さいころから桑田選手をヒーローと崇めていたような私のような人間にはコントロール中心の三橋くんの成長から目が離せません。今後も追い続けて生きたい作品です。

★★★★★ 2008-01-02 初めてハマった野球漫画です
今まで野球漫画は読む機会はあったものの、夢中になるほどのめりこむものはありませんでした。野球のルールもあまり詳しくなく、試合のシーンはページを飛ばすほどでした。ですがこの漫画は省かれがちな練習風景も丁寧に描かれていて野球部ってこんな感じなんだろうなと想像することができます。

特徴である細やかな心理描写は主人公チームだけでなく相手チームにも描かれていてしっかりキャラ立ちしているので、次回予告に書かれていたとおり思わず相手校まで応援したくなります。
今回は試合の途中で終わっているので早く続きが読みたいです!

★★★★★ 2007-12-29 浦沢直樹、藤子藤雄(A)、荒木飛呂彦が好きな人向け
日本で今人気のある2大人気連載野球マンガの1つらしいです(もう一つはメジャー、個人的には「ダイヤのエース」をいれて3大野球マンガだと思う)。メジャーが石ノ森章太郎・村枝 賢一・島本和彦みたいな勢いで走るマンガだとすると、このマンガは読めば気が付くと思いますが浦沢直樹、藤子藤雄(A)、荒木飛呂彦等の絵の好き嫌いが分かれるけど、その心理戦・頭脳戦が面白くて大好きというファンが多いマンガに類似していると思う。

ちなみにダイヤのエースは、ちばてつや、森川ジョージ 等のマンガと風味が似ている気がする。とにかく浦沢・藤子A・露伴のマンガが大好きでスポコン好きな人たちにお奨めです。

さて今巻の内容ですが、運動部に在籍していた人々には分かると思いますが、試合時間よりも練習や会話している時間の方が多いと言う事実(当たり前だけど)をそのままマンガにしています。それがとてもイイです。だからカバーを外すと現れる日常生活が個人的に良いです。当然自分は次巻も購入します。

★★★★★ 2007-12-27 心理劇系スポコン? 美人監督の過去もわけあり??
待ってました!の最新刊は、ついに3回戦に進んだ西浦高校と相手校の
それぞれの事情を丁寧に描いて試合の序盤まで一気に盛り上げてくれます。

野球漫画というと、魔球とか盗塁とか技術中心の話か、やたら根性論な
イメージがあるのですが、これは、マウンドにエースがこだわる心理、とか、ひとりの選手を中心に頑張ってきたチームゆえのもろさ、とか、
学生スポーツらしい、一人一人の若さ、未熟さなどが試合の流れにどう影響してくるかわからない、という独特の緊張感が描かれていてセリフのひとつひとつを熟読してしまいます。

今までは、野球にめっぽう詳しくてしっかりしているしゃきっとした女性、というイメージだった監督にも何かあるみたいで、試合の行方と同時に気になります。10巻が待ち遠しい!

★★★★★ 2007-12-10 期待大、二回戦
一回戦の桐青高校に勝ち、次は利央(桐青高校)の兄が監督を務める高校、田島とメル友になり情報を聞き出せと言われ戸惑う利央、そして、桐青高校戦での握りをずらして取った勝利の代償に田島の手は大丈夫なのか?二回戦の新展開に期待、話しの流れが読めなく待った待望の第九巻

↓おおきく振りかぶって 9巻の詳細、購入はこちら
おおきく振りかぶって 9巻

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。